Many!ダイヤモンド加工手段

どうやってダイヤモンドが加工されるか詳しく説明

ダイヤモンド買取と数十の運動エネルギーを持っているアルゴンイオンスパッタリングを利用してダイヤモンド表面を除去していくイオンビーム加工

ダイヤモンド買取において重要なダイヤモンドの品質。なかでもカットの評価はダイヤモンド買取における重要な要素の一つでありダイヤモンドの品質の指標としてGIA(アメリカ宝石学協会)が考案した4Cというものを参考にすると色(カラー)、透明度(クラリティ)、カラット(重さ)、カット(研磨)によって個々のクラスを決めています。この四つのうちカット(研磨)だけが人の手によっておこなわれその評価がダイヤモンド本来の品質と並ぶことからもわかるようにカット加工技術は熟練した技巧と進歩する技術のよりダイヤモンド買取市場では一番注目をあつめている分野です。

天然の原石は一定の形で産出されるわけではなく、多くの場合形状不完全で欠陥の多いものです。その原石を加工するにあたってまず原石の形状や結晶形、双晶や不純物の有無、亀裂などを入念に検査してそれにより品質のクラス分けを行い、用途や最適な加工方法を選定します。

ダイヤモンドを一番効果的に取り出し加工するためには重さの損失を最小限にし、なおかつ最大の透明度を見せるように加工しなければならないため熟練した職人の技術が欠かせません。特に宝飾ダイヤモンド買取市場ではダイヤモンドの品質と出来上がりの完成度に大きく影響を及ぼす加工方法の決定は計器での測定を一つ一つするとコストも時間もかかるため熟練した職人の技術によって成り立っています。

ダイヤモンド加工の方法はいろいろありますがダイヤモンド以上に固い物質がないためダイヤモンド粉末で加工するかレーザーなどを用い特殊な方法で加工することになります。平面に平行に割れやすい性質を利用して劈開(へきかい)クリービング加工をし不純物や不均等な部分を取る作業が終わったら研磨をします。研磨方法はダイヤモンド粉末を使用して研磨する方法とレーザーで加工する方法がありこのうちレーザー加工は局部的にレーザーを照射して加熱させダイヤモンドが大気中の酸素と反応して炭酸ガスとなって消滅する反応を利用して研磨する方法です。

最新の研磨加工方法として数十の運動エネルギーを持っているアルゴンイオンをダイヤモンドに照射しアルゴンイオンとダイヤモンドを構成している炭素分子を衝突させ、運動エネルギーの交換を行いダイヤモンド表面の炭素分子をはじき出す反応であるスパッタリングを利用してダイヤモンド表面を除去していく加工があります。エレクトロンボルト数十の運動エネルギーを持っているアルゴンイオンを利用したこの方法はイオンビーム加工と呼ばれ、ナノ単位での精密な加工ができるためダイヤモンド買取市場だけでなく様々な分野でその利便性が注目される最新の加工技術です。