Many!ダイヤモンド加工手段

どうやってダイヤモンドが加工されるか詳しく説明

ダイヤモンド買取で知っておきたい、結晶や岩石や宝石などの物質や宝石は割れ方がある特定方向へ割れやすいという性質

ダイヤモンド買取を利用するなら、やはりダイヤモンドについての様々な性質は知っておきたいものでしょう。特にダイヤモンドは割れやすいという性質を持っているので、ダイヤモンド買取に出す前に一度ルーペなどでチェックしておくと、割れや欠けを発見できることがあるかもしれません。

と言うと、なにかの疑問を持つ人もいるかもしれません。ダイヤモンドは世界一固い鉱物ということを知っているのならば、やはり違和感を覚えるでしょう。たしかにダイヤモンドは世界一固い鉱物ですが、同時にそれなりにもろい鉱物でもあるのです。 これはダイヤモンドにかぎらず、結晶や岩石や宝石などの物質によくある性質なのです。

実は、ダイヤモンドは研磨や摩擦には非常に強く、特にダイヤモンドを磨けるのはダイヤモンドしかないと言われるくらい非常に固いものです。このため、あまり加工技術が発展していない古代では、ダイヤモンドは八方体の固い石でした。ただ、割れるということが発見されてからは、いろいろな加工がなされてきました。

このため、特に宝石は割れ方がある特定方向へ割れやすいという性質を持つということが分かり、これを『劈開性』と呼ぶようになりました。ダイヤモンドは特に研磨による形の変形ができにくいため、このような劈開性は非常に加工に役立ったと言われています。 また、この劈開性は様々な鉱物にあり、特に結晶や岩石や宝石などの物質の中にはいくつか見られます。このため、昔はこの劈開性を利用したカット技術のみがありました。それからダイヤモンドを磨くという技術が発展し、今のような美しい形に整うようになったのです。

ただ、時代の流行とともにカットの技法は違います。今では輝きを非常によく反射する『ブリリアントカット』という手法が基本ですが、古代インドでは『グレートムガル』という手法により、今よりは非常に丸みを帯び、てっぺんはツンと尖った形でした。また、中性になりヨーロッパにダイヤモンドが入るようになり、そこで初めて『テーブル・カット』や『ローゼンツ・カット』などと呼ばれる技法が出てきます。

最近はほぼ『ブリリアントカット』ですので、ダイヤモンド買取店の中にはこのカット方法のものではないと買い取りをしていないお店もあります。その一方で、知識が深いダイヤモンド買取店の場合は様々なカット方法でも買い取りを行っています。 ただ、このようにカット出来るほどもろいダイヤモンドですから、ダイヤモンド買取に出す前には取り扱いには気をつけて大事にしておきましょう。ヒビヤ欠けなどには要注意です。

■参考サイト

貴金属の相場は常に変動しています。貴金属の高価買取をするならこちらにお越しください

更新情報

2016/04/26
ダイヤモンド買取で知っておきたい、結晶や岩石や宝石などの物質や宝石は割れ方がある特定方向へ割れやすいという性質

2016/03/02
ダイヤモンド買取で知っておきたい、結晶や岩石や宝石などの物質や宝石は割れ方がある特定方向へ割れやすいという性質

2015/11/04
ダイヤモンド買取で知っておきたい、結晶や岩石や宝石などの物質や宝石は割れ方がある特定方向へ割れやすいという性質

2015/11/02
ダイヤモンド買取で知っておきたい、結晶や岩石や宝石などの物質や宝石は割れ方がある特定方向へ割れやすいという性質

2015/10/13
特殊ガラスを使っているとダイヤモンド買取でフラッシュ効果で見分けられる

2015/10/05
ダイヤモンド買取で知っておきたい、結晶や岩石や宝石などの物質や宝石は割れ方がある特定方向へ割れやすいという性質

2015/10/05
ダイヤモンド買取と数十の運動エネルギーを持っているアルゴンイオンスパッタリングを利用してダイヤモンド表面を除去していくイオンビーム加工

2015/10/05
ダイヤモンド買取が人気で、媒体によっていくつか種類があるが粉末のダイヤモンドを使わない方法レーザー加工があります。

2015/10/05
ダイヤモンド買取と、研磨できるかどうか加工可能な方向なのかどうかと、自分の好きなデザインカットについて

2015/10/05
ダイヤモンド買取で知っておきたい、結晶や岩石や宝石などの物質や宝石は割れ方がある特定方向へ割れやすいという性質